kc-n50とkc-p50の違いを比較!どっちがおすすめ?シャープ加湿空気清浄機

3 min 16 views
kc-n50とkc-p50の違いを比較!どっちがおすすめ?シャープ加湿空気清浄機

加湿空気清浄機といえばシャープ!
シャープ加湿空気清浄機、kc-n50とkc-p50の違いを比較しました。
どちらも13畳対応、最大加湿量500ml/hの加湿空気清浄機で、同じモデルの発売年違いです。
発売時期はkc-n50は2020年9月、kc-p50は2021年12月です。
発売された時期は、1年3ヶ月違いですね。
ということで、kc-n50はkc-p50の型落ちとなります。
2つの加湿空気清浄機の違いを比較した結果、kc-n50とkc-p50の違いは価格のみです。

  • 価格:kc-n50のほうが安い

このことから考えると、kc-p50(2021年モデル)がおススメな方は

  • 価格が高くても新しいモデルがいい人

これに対して、kc-n50(2020年モデル)がおススメな方は

  • 少しでも価格を抑えたい人

価格的には、2021年モデルであるkc-p50と、2020年モデルのkc-n50では価格に差があります。
その他、本文ではkc-p50とkc-n50の違いを比較し、機能や特徴も詳しくご紹介しています。
加湿空気清浄機をお探しの、あなたの参考になれば嬉しいです^^

新しいモデルがいい人はこちら♪空気を洗浄して清潔なお部屋をキープしてくれます↓

型落ちモデルで価格が抑えられる!性能はほぼ似ているので、価格重視ならこちら↓

kc-n50とkc-p50の違いを比較!シャープ加湿空気清浄機

早速kc-p50とkc-n50の違いについてご紹介します。
違いとしては、価格の違いが挙げられます。

価格:kc-p50のほうが安い

kc-p50とkc-n50の価格を比較

kc-p50とkc-n50の価格の違いを見ていきましょう。
2つの製品の値段を、大手ECサイト3社で調べてみました。

楽天市場AmazonYahoo!ショッピング
kc-p50(2021年)17,280円17,700円17,120円
kc-n50(2020年)18,499円19,500円17,800円

ただ、こちらの表の価格は2023年9月の時点です。

価格は変動するので現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

◆kc‐p50(2021年モデル)◆

>>楽天市場で見てみる

>>Amazonで見てみる

>>ヤフーショッピングで見てみる

◆kc-n50(2020年モデル)◆

>>楽天市場で見てみる

>>Amazonで見てみる

>>ヤフーショッピングで見てみる

価格的にはkc-p50とkc-n50では1,200円程の差があります。
但し、中古品まで視野に入れるのであれば、kc-n50はkc-p50の新品の価格より安いものも販売されていますよ。

kc-n50はこんな人におすすめ

中古品に抵抗がなく、少しでも安く購入したい人

kc-p50はこんな人におすすめ

価格を重視したい人
型落ちではなく、最新の品番を購入したい人
新品で購入したい人

kc-n50とkc-p50の機能と特長 シャープ加湿空気清浄機

プラズマクラスター7000を搭載

シャープ独自のプラズマクラスターを搭載しています。
自然界に存在するものと同じプラス、マイナスのイオンで、空気を浄化する力があり、濃度を高めても安全であることが確認されています。
菌やウイルスに対して、表面の細胞膜のタンパク質を切断することで分解・除去を行います。
プラズマクラスター7000は、イオンの濃度が7,000個/?で、浮遊カビ菌を除菌、浮遊ウイルスや菌、アレル物質、浮遊花粉アレル物質の作用を抑制する効果がありますよ。
私は花粉症なので、冬に出して春先までしっかり稼働させています。
花粉の季節はプラズマクラスターに助けてもらっちゃいましょう♪

遠くのほこりも逃さないスピード循環気流

プラズマクラスター搭載の空気清浄機は、お部屋全体に風の流れを素早くいきわたらせることができます。
遠くのホコリもしっかり引き寄せて、背面全体の吸込口でパワフルに吸引。
プラズマクラスターイオンは静電気を除去してくれるので効率よく集じんすることができますよ。
広いリビングでもしっかり空気を循環させてくれるので安心です。
掃除していても全てのホコリを取り切るのは難しいのですが、スピード循環気流のパワーがあれば安心ですね。
我が家も下の子が誕生したときに、部屋の空気をしっかり綺麗にしたいと思い購入しました。

しっかり脱臭・集じんできる3つのフィルター

3つのフィルターを搭載しています。
ひとつは、微小な粒子も99.97%以上集じんできる静電HEPAフィルター。
10,000個中3個しか通さないこの高性能フィルターはなんと、10年間交換不要なんです。
フィルター繊維にしっかり吸着するため目詰まりも起こりにくいです。
フィルターは意外と効果ですし、しょっちゅう交換するのは大変ですよね。
10年使えるなんて、驚異のコストパフォーマンスです。
ふたつめは、汗の臭いにも強いダブル脱臭フィルター。
活性炭に吸着剤を加えたこのフィルターは、寝室にこもりやすい汗のにおいもしっかり脱臭してくれます。
こちらも10年交換不要です。
ずっと一緒だとなかなか気づかないのですが、子供が寝ている部屋って意外と汗の臭いがしますよね。
そして、換気を行ってもなかなか消えません。
でも、このフィルターがあれば安心ですよ。
私はにおいが残りやすい焼肉の後にも利用しています。
みっつめは、抗菌・防カビ・ホコリブロックプレフィルター。
こちらは従来品よりも約5分の1の細かさになっている目の細かいフィルター。
内部に侵入するホコリを大幅に低減して、集じん性能の低下を抑えてくれますよ。
極細の糸を使っていて、空気を吸い込む面積は従来と変わりません。
こちらはなんと、交換不要です。
空気清浄機をせっかく稼働させていても、集じん性能が低下していてはあまり意味がないですよね。
このフィルターがあれば、集じん性能の低下を気にせず使用することができますね。

kc-n50とkc-p50の違いを比較!どっちがおすすめ?シャープ加湿空気清浄機 まとめ

今回はシャープ加湿空気清浄機、kc-n50とkc-p50の違いを比較し、特徴や機能についてご紹介しました。
kc-n50とkc-p50の違いをおさらいすると

価格:kc-p50のほうが安い

機能や色は全て同じなので、注目するポイントは価格です。
但し、日々変動しているのでその時にお得な方を購入するのがおススメです。
この記事の内容を参考に納得のいくお買い物をしてくださいね。
最後まで読んでくださりありがとうございました^^

新しいモデルがいい人はこちら♪空気を洗浄して清潔なお部屋をキープしてくれます↓

型落ちモデルで価格が抑えられる!性能はほぼ似ているので、価格重視ならこちら↓

カテゴリー:
タグ:
関連記事