ソニー着るクーラーレオンポケット!ペルチェ素子で季節問わず使える魅力とは?

家電

夏が近づくにつれて、外で働く方や通勤する方は「暑い」「蒸し暑い…」と感じてしまいますよね。

今回は新しく発売したソニーの着るクーラー「REON POCKET(レオンポケット)」についてご紹介します。

クーラーというので冷房のイメージがあるところですが(私だけでしょうか?笑)、実はこちらは暖房機能も付いているので冷温両対応ができるんです。

暑い夏を乗り切ったあとは、寒い冬にも使える商品です。

着るクーラーの購入を検討されている方は、参考にしてみてくださいね。

SONY 着るクーラー「REON POCKET」の性能

このレオンポケットは、本体と合わせて別売りの着るクーラー専用インナーウェアを推奨しています。

というのも、本体のみでの使用は引っ掛けるところがなどがないようなので、必然的に首元にあるポケットに装着することになります。

公式サイトに動画がありました。

ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET」

ご覧になってもお分かりになる通り、インナーウェアにはポケットがついていて、着てからポケットに入れる形になります。

また、排気口は外側になるように入れるのでその点も注意が必要ですね。

レオンポケットは、Bluetooth接続で使えるスマホアプリで操作することできます。冷温レベルの設定やオートモードも付いており、自分の好みに合わせて冷温各4段階から温度設定ができます。

このオートモードというものがかなり便利なんですよ。

例えば、歩き始めは温度レベルは弱く、歩き続けるにつれて段階的に温度レベルが強まり、 足を止めたときに最も強い温度レベルになる、などのように自動調整してくれます。

firstflightレオンポケットサイト

常に私達の動きを感知して適切な温度設定にしてくれます。これってすごくないですか?

また、クイック起動設定も搭載されています。これは、毎日同じ設定で使う場合や手で持って使いたい方におすすめです。

アプリで本体のボタンを押すだけで電源を切り替えられるので、わざわざアプリを開いて使う必要はなくなります。

こんなに高性能なウェアラブルサーモデバイスは初めて見ました。

秘密はサーモモジュール(ペルチェ素子)に


なぜこんなにすごい商品ができたのかというと、ソニーがモバイル機器設計で培ってきた熱設計技術は応用してるから。

多くのシミュレーション行い、体を涼しく暖かくするために開発されてできあがったのが、サーモモジュール(ペルチェ素子)と言われるものなのです。

サーモモジュールに通電することで、素早い冷温設定に対応できます。

POINT

・本体サイズ:約54(幅)×20(高さ)×116(奥行)mm、重さ約89g

・カラー:ホワイト

・充電時間:約2.5時間

・温度設定レベル最大時の駆動時間:冷却約2.5時間、温熱約2時間

・オフタイマー搭載(連続30分で停止)

着るクーラーレオンポケット専用のインナーウェア

商品本体と一緒に使うインナーウェアについてご紹介。

首もと背面には本体を入れるポケットがあります。本体がフィットしやすいように設計されており、かなりの軽さ80gです。

体にフィットしやすいため、見た目には表面化しづらくスタイルを崩すことはなさそうですね。

POINT

素材:ポリエステル 90%、ポリウレタン10%

カラー:ホワイト / ベージュ

サイズ:S / M / L

インナーサイズ
S
着丈:66.0cm
肩幅:36.5cm
身幅:42.0cm
袖丈:16.0cm
前下がり:21.1cm
M
着丈:69.0cm
肩幅:38.5cm
身幅:45.0cm
袖丈:17.0cm
前下がり:21.3cm
L
着丈:72.0cm
肩幅:40.5cm
身幅:48.0cm
袖丈:18.0cm
前下がり:21.5cm

こちらは楽天ではまだ販売されていないようです。Amazonでは販売されていたのでリンクを貼っておきますね。

≫ Amazonで レオンポケットのインナーウェア一覧を見てみる

まとめ

夏の暑いときにも、冬の身震いする寒さもこのレオンポケットがあれば乗り切れそうです。

農作業などをやる際にも身軽でいいですね。

女性にはインナーウェアが大きそうなので、手持ちで使うか、エアリズムなどにポケットを付けて使うのも手かもしれませんね。

楽天市場が売り切れている場合もありますので、Amazonのリンクも貼っておきますね。

レオンポケットを検討されている方は、参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました