子供の鼻水を取るには?機械で赤ちゃんも大人も使えるものあります♪

ベビー・キッズ・マタニティ

ここでは子供の鼻水を取る方法をまとめています。

鼻水を機械(鼻水吸引器)で取る方法もあり、今は赤ちゃんでも大人でも使えるんですよ♪

詳しくは本文に書きましたので、早速見ていきましょう^^

子供の鼻水を取る方法

子供の鼻水を取るにはいくつかの方法があります。

POINT

・お風呂上がりのふやけた頃にティッシュでかむ

・綿棒で取る

・機械で取る(鼻水吸引器)

・耳鼻科で取ってもらう

・お風呂上がりのふやけたタイミングで取る

お風呂上がりはお風呂の湯気で鼻の中が温められるので、固くなった鼻水も柔らかくなっています。

そのタイミングを狙ってティッシュで鼻をかみましょう♪

嫌がる場合は、保育園で教えてもらった技を使いましょう!

①ティッシュを半分に折ってから更に半分に折ります。

②ティッシュを指で持って、持った指の方を子供の鼻の穴のところに当てます。

③「スルスル~♪」と言いながら下に引っ張り切ると、鼻水がティッシュにながーくついているので、それを繰り返します。

鼻水は時間が経つと(特に冬場などの乾燥した時期)あっという間にカチカチに乾くので、早めがおすすめです。

赤ちゃんの場合はティッシュでかむのは難しいと思うので、次に紹介する綿棒も使ってみてください。

綿棒で取ってみる

めん棒を鼻の穴にほんの少し入れてクルクルします。

鼻水の端っこが少しでもキャッチできたら綿棒をゆっくり出してください。

「クルクル~♪」と言いながら、鼻の穴の下で綿棒を横向きにしながらクルクル回します♪

3歳の娘にこれをやっているのですが、ガッツリ綿棒に巻き付いてきたときはそれを見て喜んでいます。笑

そして、綿棒で取って~と言われるほど楽しんでいます^^

機械で取る(鼻水吸引機)

一番てっとり早いのは機械で取ってしまうことですね。

年中鼻水垂れていた娘にはこれが一番良かったです。

手動で鼻水を取る機械もありますが、しっかり取りたいときなどにはやっぱり電動が一番でした。(なにより親も疲れない)

ママ友は子供の鼻垂れをティッシュで拭き続けたのですが、子供が夜寝るときに耳に鼻水が流れてしまって中耳炎になってしまっていました;;

それを聞いて、娘にはそうならないように!と思って買いましたよ。

私が持っている電動鼻水吸引機は2種類あって、電池を入れて使うタイプとコンセントで電源をとって使う据え置きタイプです。

お風呂上がりや寝る前、寝苦しそうなときに使っています。

耳鼻科で取ってもらう

耳鼻科で取ってもらうのが一番しっかり取れていいですね。

順番待ちが長いと子供が飽きて泣いたり、走り回ったりする心配はあります。

ですが、確実に取ってもらい、病気がないかを確認する場合には病院がおすすめです。

鼻水吸引機の機械はいろんなタイプがある!

鼻水吸引器には様々なタイプがあります。

手動タイプは正直すごく疲れるし、そうこうしているうちに子供が逃げていきます。

電動タイプであればがっしりホールドしながらでも出来るので、口コミを見ても電動鼻水吸引器のほうが長い目で見ておすすめです。

鼻水吸引器 ベビースマイルのメルシーポット

我が家でも大活躍のメルシーポット♪

これはママリというママさんたちの口コミが集まるサイトで、2021年第1位を獲得したほど大人気!

楽天市場でも口コミが6,000件以上集まる商品です。

電動鼻水吸引器といえばメルシーポットと言われるほど!

電源から取ることでしっかりした吸引力を発揮し、子供や赤ちゃんの鼻水もズルズル取れます。

私もこれを使ってものすごい量が取れて、娘は夜寝るときにしっかり眠れました。(慣れないと暴れるので押さえつけは大変ですが^^;)

予備のノズルも付いてきます。

説明書も2種類付いてきて、商品の説明書とお店の方が書いた使い方マニュアルの紙も入っていました♪

すごくわかりやすくて、それを見ながら取るとすごく取れてびっくりしましたよ★

電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-303

こちらも先程と同じベビースマイルという会社が作っている電動鼻水吸引器。

楽天市場の口コミも3,000件を超えています。

こちらは据え置きのメルシーポットよりも吸引力はお取りますが、それでもそこそこ取れてくれます。

私は娘がどうしても据え置きが嫌だというときに、自分で持たせて使わせました。

あとは出先でどうしても鼻水取りたいときに持ち歩きましたね。

吸引力はほどほどなので、どの用途で使うかによって据え置きかハンディタイプか分かれます^^

電動鼻吸い器+鼻水キャッチャー ピジョン

2020年 第1位を獲得したのがこちらのピジョンの鼻水吸引器♪

ピジョンとメルシーポットが違うポイントは手入れのしやすさです。

ピジョンはチューブに鼻水が入らない「鼻水キャッチャー」という部分が鼻に入れるノズルの下についていて、そこに鼻水が溜まっていく仕組みになっています。

チューブを洗わなくていいというのは、忙しいママにとってはすごく助かりますよね^^

鼻水キャッチャーは洗い替えに2個ついているので、洗っていて濡れているから使えない!なんてときにも大活躍です★

注意点としては、

・ノズルが柔らかいので抜けやすいこと

・ノズルの長さがメルシーポットよりも短いので奥の鼻水まで届きにくいこと

・鼻水キャッチャーに鼻水が溜まってくると逆流してくることもある

お手入れのしやすさを重視する場合は、こちらのほうが簡単ですね。

電動鼻水吸引器は大人でも使える?

使えます!

ただし、ノズルは家族ごとに変えましょうね。

感染する危険性を減らす意味合いがあります。

上記に上げた電動鼻水吸引器はノズルのみの販売もされているので、もしママやパパ、兄弟が使いたい場合にも対応できますよ^^

私も別個に用意して使いましたが、かなり鼻水が取れますよ!!

まとめ:鼻水を取る機械も検討してみよう♪

いかがでしたか?

鼻水を取る作業って、ママやパパにとってもすごく大変でうまく行かないとストレスMAX!

子供や赤ちゃんも、鼻水取るのは嫌なので逃げたり泣いたりしますよね;

正直、電動鼻水吸引器は子供が嫌がって暴れます。

ですが、鼻水詰まって寝られない・中耳炎になるよりはいい、という思いで私はやりました。

結果として買ってよかったと思っています♪

↓ここから電動鼻水吸引器を探せますので、気になる方はクリックして見てくださいね^^

⇒楽天市場で電動鼻水吸引器を見てみる♪
⇒Amazonで電動鼻水吸引器を見てみる♪
⇒Yahooショッピングで電動鼻水吸引器を見てみる♪
タイトルとURLをコピーしました